横浜市でおすすめ!事故物件買取業者3選<訳あり不動産の買取ならここ!>

  • URLをコピーしました!

日本一の人口を誇る神奈川県横浜市。2023年本記事執筆時点で1,800,370世帯、3,771,611人もの人々が暮らしています。

しかし残念なことに警視庁の発表した自殺者数の推移を見てみると令和4年度時点で横浜市の所属する神奈川県の自殺者数は1,337名と東京・大阪に次ぎ3番目に多い結果となりました。横浜市の人口が日本一であることから横浜市で多くの方が亡くなっていることが想像できます。また自殺する場所の多くは自宅というデータから事故物件も増えていることが分かります。

そこでこの記事では横浜市で事故物件を保有されている方へ向けて事故物件を好条件で処分・売却する方法について解説します。ぜひ最後までご覧いただき参考にしてください。

目次

事故物件ってどんな物件?

事故物件とは自殺や孤独死などにより長期間ご遺体が放置されていた物件、殺人などが発生した物件など一般的に他の人が「ここには住みたくないな」と思う事件や事故が起こった物件のことです。

国土交通省が事故物件に関するガイドラインを公表しており、そのガイドラインによると事故物件は単純に人が亡くなった物件を指すのではなく、老衰や自然死など一般的な死亡は事故物件としないこととなっています。

法的拘束力はありませんが裁判などが起こった際の参考資料として有力なガイドラインとなっているため、事故物件をお持ちの方は一度確認してみても良いかもしれません。

事故物件は正当に価値が評価されにくい

残念ながら事故物件は正当に価値を評価してもらうことが困難です。なぜなら一般の不動産会社は事故物件に対するノウハウがなく、絶対に失敗しない価格で買い取り金額を提示してくるからです。

賃貸に出しても「事故物件」と言うだけで毎月の家賃が下がってしまうため仕方ない部分ではありますが、事故物件に対するノウハウを持った不動産会社に依頼しなかったがために低い買い取り価格となってしまう場合があります。

特殊清掃など通常とは異なる手続きが必要

建物内で人がお亡くなりになってしまった場合は特殊清掃が必要になってくる場合があります。特殊清掃は一般的な清掃と異なり特別な道具や薬剤を使い汚れを落としたり消臭したりして原状回復することを言います。

特に人がお亡くなりになってから時間が経てば経つほど特殊清掃しなければいけない確率が高く、ワンルームでも3万円から10万円ほどの費用が必要になります。

そのため事故物件になってしまうとお金も手間もかかるうえに物件の価値まで大きく下げてしまう結果となるのです。

事故物件を売却する際に課される「告知義務」

事故物件を売却するために発生した事件や事故の詳細を買主・借主側へ告知する必要があります。これを「告知義務」と言います。

以前までは明確なガイドラインがなく曖昧なまま取引されていましたが、円滑な流通や安心できる取引を目的として2021年10月に国土交通省が「宅地建物業者による人の死の告知に関するガイドライン」を制定。これにより円滑かつ安心した取引を実現することに成功したのです。

ではどのような時に告知が必要なのか、ガイドラインを参考にしながら確認していきましょう。

告知義務が発生する例

不動産の売買取引において告知義務が発生する事故・事件は下記の通りです。

  • 殺人事件があった物件(他殺)
  • 自殺があった物件
  • 突然の事故によって人が死亡した物件(不慮の事故を除く)
  • 特殊清掃が必要になった物件

告知義務が発生しない例

不動産の売買取引において告知義務が発生しない事故・事件は下記の通りです。

  • 転倒などによる不慮の事故死
  • 老衰などによる自然死

ただし上記に該当する場合でも特殊清掃をしなければいけない場合は告知義務が発生します。

横浜市で事故物件を売却するなら専門業者への売却がおすすめ!

事故物件に対するノウハウのない業者へ売却する場合、どうしても絶対に損しない価格での買取となるため本来の価値よりも低い見積もりとなってしまいがちです。

しかし事故物件に対して確かなノウハウを持つ専門の買取業者へ依頼することで正しい価値を引き出してもらうことができ、買取金額をアップすることができます。

そこでここでは横浜市でおすすめの事故物件買取業者を3社厳選してお届けします。ぜひ参考にしてください。

事故物件の買取ならここ!マークス不動産 正しい買取

正しい買取がスタートする前はごく一般的な不動産会社として活動していたマークス不動産。ですが、ある日「事故物件なんだけど買い取ってもらえないだろうか」と相談に来られた方がいました。しかし当時のマークス不動産は事故物件に関する知識が浅く、低い買取金額しか提示できずお客さまのお力になれなかったと言います。また当時は事故物件を扱っている不動産会社は少なかったのだとか。

そんな経験から「事故物件に対してしっかりと取り組むことでそういった物件を所有している方のお力になれるのではないか」と考え正しい買取が誕生しました。正しい買取は事故物件を安く買って高く再販売するのではなくできるだけ高く買い取ることができる仕組み作りに力を入れています。

管理人

事故物件を売却するならここが一番おすすめ!

【無料】正しい買取への査定依頼はこちら

株式会社AlbaLink 訳あり物件買取プロ

訳あり物件買取PRO

株式会社アリバリンクの運営する訳あり物件買取プロは空き家や共有持分、再建築不可物件や事故物件などの訳あり物件の買取に特化した不動産買取サービスです。

公式サイトでは「どんなに古くても問題ありません!」と明記しており、独自の販路や再生ノウハウを駆使して空き家の高額買い取りを実現しています。

さらに空き家にありがちなゴミなどの残留物の放置。訳あり物件買取プロであれば何もしなくても現状のままで買取OK。そのため片付けの手間もかかりません。

訳あり物件買取プロはそのような事業内容が評価され千葉テレビの「ホリプレゼンツ求人任三郎がいく!」でも紹介されています。横浜市はもちろん日本全国出張料無料で査定しているため、ぜひお手持ちの空き家を無料査定してみてください。

不動産博士

利用者からの評判も高く、顧客の声にしっかりと耳を傾けているのが高く評価できるポイントだね!

【無料】訳あり物件買取PROへの査定依頼はこちら

日本不動産管理サービス 訳あり不動産相談所

日本不動産管理サービスの提供する訳あり不動産相談所は東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の1都3県において事故物件や再建築不可物件といった訳あり不動産の買取を行っています。2021年2月15日に創業した若手企業でありながら多くの買取実績を保有していることから訳あり物件に対する濃いノウハウを保有していることがわかります。

さらに訳あり不動産相談所も仲介での買取ではなく自社での直接買取となるため仲介手数料不要でスピーディーな現金化を実現。できるだけ早く現金を手に入れたいという方でも安心して売却することができます。査定料や出張料なども発生しないため、ぜひこの機会にお手持ちの訳あり不動産を査定してみてください。

不動産博士

若い会社なのにこれほどまでに多くの買取実績があるのはすごい!

訳あり不動産相談所公式サイトはこちら

事故物件は専門業者に買取を依頼しよう!

いかがでしたでしょうか。この記事では横浜市で事故物件をお持ちの方へ向けてできるだけ高く売却する方法について解説させていただきました。

事故物件は独自のノウハウを持った専門の買取業者へ依頼することで少しでも高く買い取りしていただくことが可能です。ぜひ横浜市で事故物件をお持ちの方はここでご紹介させていただいた専門の買取業者へ依頼してみてください。

この記事が横浜市で事故物件をお持ちの方の参考になったのであれば幸いです。最後までご覧いただきありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次