横浜市おすすめ!再建築不可物件買取業者3選<選び方も紹介>

  • URLをコピーしました!

日本一人口が多い街、横浜。横浜は都市計画地域として指定されており、横浜市にある住宅は接道義務を満たす必要があります。しかし建築基準法が制定された1950年以前に建てられた物件の中には接道義務を満たしていないものがあり、そのような物件は「再建築不可物件」として訳あり物件となってしまいます。

再建築不可物件は既存不適格建築物と呼ばれ売買するのがとても難しく、うまく売却できたとしても買いたたかれてしまうことがほとんど。また一般的な不動産業者ではそもそもの取り扱いがないこともあります。

そこでこの記事では横浜市で再建築不可物件を売却したい時におすすめの買い取り業者を3社ご紹介。選び方の基準も解説していくのでぜひ最後までご覧いただき参考にしてください。

目次

再建築不可物件とは?

再建築不可物件とは既存の建築物を解体した際に新たな建築物を建てることができない土地のことを言います。これは不動産会社が定めているルールではなく、建築基準法といった国の法律が影響しています。

現行の建築基準法では「幅員4m以上の道路に2m以上接していないといけない」と定められており、この基準を満たしていなければ建築物を建てることはできません。

しかし建築基準法は1,950年に制定されたためそれ以前に作られた建築物の中には接道義務を満たしていないものがあります。そのような建築物のことを「再建築不可物件」と呼ぶのです。

横浜市で再建築不可物件の買取業者の選び方!

再建築不可物件は法的瑕疵を抱えた訳あり物件であり、一般的な不動産買取業者では買取を断られるか安く買いたたかれてしまうことがほとんどです。では横浜市で保有している再建築不可物件をできる限り高額で売却するにはどうすればよいのでしょうか。

買取業者の選び方①:再建築不可物件の買取実績が豊富かどうか

まずは再建築不可物件の買取実績が豊富にあるか確認しましょう。再建築不可物件などの訳あり物件はとても査定が難しく、取り扱い実績が少ない不動産会社の場合は正しい価値を見いだせない場合があります。

しかし再建築不可物件の買取実績が豊富な不動産会社であれば更地にして駐輪場にしたり、ほかの周囲の土地を買い取ることで再建築可能物件として活用したりと独自のノウハウで再建築不可物件の価値を正しく評価することができます。

そのため再建築不可物件などの訳あり物件に特化した不動産買取業者であるかどうかチェックしましょう。

買取業者の選び方②:横浜まで出張査定しているか

大切な不動産を売却するからには電話での簡易的な見積もりではなく実際に現地を見てもらうべきです。そのため横浜市が出張査定の対象エリアであるかどうか確認しましょう。

また多くの不動産会社では出張での査定を無料で行っています。査定料などは発生しないので安心して査定を依頼することができますよ。

買取業者の選び方③:買取・現金化までのスピード感

やはりできる限り早く現金化したいですよね。そこで大切になってくるのが買取・現金化までのスピード感です。

ここのチェックを怠ってしまうと買取までに一ヶ月以上かかってしまったり、なかなか買取金額を振り込んでもらえないといったことが起こりえます。

そのため絶対に買取までのスピード感をチェックしておきましょう。

横浜市でおすすめの再建築不可物件買取業者3選!

株式会社Alba Link(アルバリンク) 訳あり物件買取プロ

訳あり物件買取PRO

株式会社アルバリンクの訳あり物件買取プロは再建築不可物件などの訳あり物件に特化した不動産買取サービスです。接道義務を満たしていないなど何らかの法的瑕疵を抱えている既存不適格建築物はもちろん、そのほかにも事故物件など訳あり物件の買取に特化しています。

さらに訳あり物件買取プロは仲介ではなく直接買取となるため仲介手数料が発生しません。そのため一般的な仲介手数料である物件価格の3%+6万円の仲介手数料を節約できます。また訳あり物件の売却時にトラブルになりがちな契約不適合責任を一切負わなくてよいため安心して売却することが可能です。

訳アリ物件買取プロ公式サイトはこちら

株式会社ネクサスプロパティマネジメント ラクウル

ラクウル!

ラクウルは株式会社ネクサスプロパティマネジメントが運営している不動産買取サービスです。新築の建売やリフォーム、中古不動産の売買や賃貸管理など幅広い業務での経験を生かして訳あり物件の本当の価値を査定しています。また多数の実績をホームページ上で公開しており、買取価格に自信があることがわかります。

またラクウルは日本全国査定料無料で買取価格を調査しています。もちろん提示された諸条件に納得できなければキャンセルOK。その場合においてもキャンセル料などは発生しません。そのため複数社での相見積もりにもおすすめです。

ラクウル公式サイトはこちら

日本不動産管理サービス 訳あり不動産相談所

日本不動産管理サービスの提供する訳あり不動産相談所は東京都・千葉県・埼玉県・神奈川県の1都3県において事故物件や再建築不可物件といった訳あり不動産の買取を行っています。2021年2月15日に創業した若手企業でありながら多くの買取実績を保有していることから訳あり物件に対する濃いノウハウを保有していることがわかります。

さらに訳あり不動産相談所も仲介での買取ではなく自社での直接買取となるため仲介手数料不要でスピーディーな現金化を実現。できるだけ早く現金を手に入れたいという方でも安心して売却することができます。査定料や出張料なども発生しないため、ぜひこの機会にお手持ちの訳あり不動産を査定してみてください。

訳あり不動産相談所公式サイトはこちら

売却せずにほかの土地活用プランの検討も!

この記事では横浜市の再建築不可物件を高額売却する方法についてお伝えさせていただきました。しかし、売却せずにそのほかの土地活用手段を探すのもおすすめ。たとえば一度解体して駐車場にしたり、太陽光発電を設置したり、トランクルーム経営を初めてみたりと多くの活用方法があります。

そこでおすすめなサービスがタウンライフ土地活用。タウンライフ土地活用は複数業者に対して一括して土地活用プランの作成を依頼できるサービスで市場調査から土地活用プランの作成までを無料で行っています。

上記の査定金額に納得できなかったり土地を保有したままにしておきたい場合におすすめの方法です。

【PR】タウンライフに土地活用プランの作成を無料で依頼する

横浜市の再建築不可物件は専門の買取業者におまかせ!

いかがでしたでしょうか。この記事では横浜市の再建築不可物件をできる限り高額で売却する方法について解説させていただきました。再建築不可物件など何らかの瑕疵を抱えている不動産は買いたたかれやすく、専門の業者にお任せするのが一番です。

また見積もりは一社だけでなく複数社で行うのがおすすめ。提示された買取価格に納得できなければほかの業者に相見積もりしてもらうことでより高い金額で売却できる可能性があります。

ぜひこの記事を参考にお手持ちの”負”動産を資産へと変えていただければ幸いです。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次